京つう

  学校・学生  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


2006年09月22日

合宿日記~サイバーエージェント

20日にサイバーエージェント社に行ってきましたface01
個の能力を発揮する場・・・サイバーエージェント!!
ちなみに響きがかっこいいからこの社名にしたらしいです。
発揮するということは見えるようにするということ。
そのために、多くの場を提供しています。
①事業プランコンテスト『じぎょつく』
②社内異動・FA制度『キャリチャレ』
③人材抜擢制度『CAバンヅケ制度』
以上の3つがある。内容はみんなコメントよろしく!
このユニークなネーミングにもこだわりがある。
言葉の独り歩きがなくては、社員の関心を集められない。
この遊び心が仕事をする上で大切にしていきたいことである。
こういった企画は、かなり本格的な社内ポスターで公示している。
こうすることで、社内のアットホームな雰囲気が作られているのだと思われる。
また、各事業には階級があり、昇格するとポスターになる。
こうして成功例を見せることが、重要である。
成功したほうも、アイディアや熱意を持っている社員にもよい刺激になる。
チャンスの場を全社員に与えることで、サイバーエージェントのアイディアや実績は留まるところを知らない。
個を生かす組織に重要だと考えられる情報共有については、気にしていない様子であった。
しかし、何気なくしている日常は納得のいく優れた情報共有であった。
社員同士は言われなくても、自発的に情報をかき集め、連絡をとりあっている。
上下に関していえば、毎週行われる役員会議に使用された資料を共有しているのである。
またマネージャーや本部長と面談をする機会があり、お互いが習得しあえる時間となっている。
この面と向かって話すということが、重要なポイントではないだろうか。

また、オフィスの至る所で会社のミッションや心得を眼にした。
モチベーションが下がるはずがない。
このなかに、年功制の禁止という項目があった。
これは年齢によって評価が変わるということの禁止である。
年功とは経験であるから、この経験は大いに評価の対象になっている。

新しい業種を生み出し、日本のトップを爆走するサイバーエージェント。
これから目指すのは『新世代の日本経営』企業と個人がギブ&テイクの関係になるように。

役員会の資料の共有に関しての追記です。
この資料の共有は、部署により異なるそうです。ですが、この共有方法が行われていない部署でも役員会の決定事項が即座に伝わるために、たくさんのアイデアで共有が行われているそうです。

同じカテゴリー(うちやまさん)の記事
 昨日、テレビで。。。 (2007-10-18 23:30)
 徒然雑草 (2006-11-17 17:29)
 合宿日記in東京go to鹿児島 (2006-10-24 01:29)
 テン!!&イレブン!!! (2006-08-14 11:46)
 3冊目 (2006-08-07 23:03)
 2冊目 (2006-08-07 22:40)

この記事へのコメント
今帰ってきたよ!めっちゃうまいことまとまってると思います!みんなで合宿の日記書き合いたいなー。パズルのピースのように。
Posted by 田中 at 2006年09月22日 22:33
うっちー!
インターンお疲れ様。
合宿後半は、是非ウッチーにいてほしい場面が満載でしたヨ♪


まとめてくれてどうもありがとうね。
とてもわかりやすくて、訪問したのが昨日のことのようです。 私も、情報共有に関して制度化されていない部分で自然と情報共有ができる環境に感動を覚えました。すごいよね。

CAバンヅケ制度はカタカナで明記するようなので変更を加えておきますね。
Posted by あず at 2006年09月23日 13:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。